カテゴリ:武将隊( 19 )

役者さんってすごい

引き続き『Road2』の話をもう少しだけ。

とはいっても、脚本について書いた本人があれこれ解説するのは控えます。
時代考証的なことや元ネタになった事実についても解説は控えます。

ただ、今回初めて役者さんの演技を間近で見る機会をいただいて、幾度となく「役者さんってすごいなあ」と思う場面があったので、それは少し書かせていただこうと思います。


稽古中、もしくは本番でも、こちらが何げなく入れたセリフに思いもしなかった解釈をして、ものすごく深い意味を与えて下さったり、命を吹き込んでくださる役者さんの演技の力に何度となく感動しました。

これはそのたくさんの「感動」の中の一つですが…。


今回の舞台で榊原康政の兄・清政を演じてくださった中川さん。

実は康政と清政のシーンは、一度脚本に書いて役者さんたちにお渡ししていたものの、その後、いろんな都合によりカットしようと思っていました。

今となっては大変失礼な話なのですが、当時わたしは役者さんの役作りの大変さを全く理解していなかったのです。

「本読み稽古」と言っても、ただこちらが考えたセリフを役者さんがさらっと読むだけだろう、くらいにしか考えてなかったのです。

 だから「Aの役の代わりにBの役を」と言っても、出番が減らなければさほど不都合はないのでは…と安易に考えていたのですね。

清政の「病状」は康政と半蔵との会話の中だけで済ませて、中川さんには別の役をお願いしようと(今考えれば本当に失礼な話ですが…~_~;お恥ずかしい)思っていたのです。


でも

稽古の時に、しっかり役作りもして来られた中川さんの、あの清政の「鬼気迫る」演技を拝見しました。

そして

これはぜひ舞台で観たい、お客さんにも観せてあげたい!

と思い直したのです。

結局、すぐその場で「清政のシーンはカットせず、やはりそのままやりたい。」と集まった役者の皆さんに申し上げました。

こんな演劇素人の我儘に付き合ってくださった役者の皆さんに心からお詫びとお礼を申し上げたいです…。


中川さんだけでなく、他の客演の皆さん、武将隊の皆さんの演技に、驚いたり感動したりすることがたくさんありました。


役者さんは脚本というある意味「制約」の中で、言葉の意味の深いところまで理解して、その人物の雰囲気を作り、セリフや動作で人を惹きつけ、感動させないといけない、まさに頭が良くないとできないお仕事なんだなあと改めて感じました。


全ての皆さんにただ感謝です。


今日の一枚。榊原兄弟つながりで。
b0238507_1025550.jpg

b0238507_103650.jpg

b0238507_1031052.jpg

長久手市にある「堀久太郎秀政本陣地跡」。
今は桧ヶ根公園というのどかな広場になっていて、市立図書館なんかもあります。
敵を追って深追いした榊原康政がだいたいこのあたりで堀秀政の攻撃にあって大敗したそうです。
[PR]
by mikabushi | 2014-02-13 10:21 | 武将隊

舞台『Road2』公演

b0238507_1330326.jpg


遅くなりましたが、2月8日、私が脚本を担当した葵武将隊の舞台「Road2~小牧長久手の戦い」の公演が無事終了しました。当日はあいにくの大雪でしたが、昼夜公演ともほぼ満員のお客さんでした。

脚本を書いている時は本当にしんどくて(この場合の「しんどい」というのは「自分が書いていて楽しいお話」になるまでに時間がかかった、という意味の「しんどい」です)、また演劇という共同作業にも慣れず、あれこれ悩んだり、強硬に意見を通そうとしたりしてしまいましたが、それらを受け止めていただき本当に素晴らしい舞台にしてくださったスタッフ・キャストの皆さんに感謝感謝です。


プロデューサーの古川さん、演出の殿、マネージャーのおあいさん、武将隊の皆さん、ありがとうございました。

そして客演の皆さん、零さん、鯱さん、他にも協力してくださった皆さん、ありがとうございました。

直接お会いする機会はなかったのですが、FBに舞台の感想を書いてくださった野末さん、素晴らしい音楽をありがとうございました。


史実と違うところが気になる人、武将の描き方にご不満な人もいるでしょうが、それはこちらも分かってやってることなので。
演劇という、時間もお金もキャストの練習時間も多くの制約がある中で、あれこれ計算に計算を重ねた上での、私や古川さんや殿の苦渋の判断です。
(ちなみに史実に基づいた小牧長久手の戦いを観たい方には、長久手市が発行したマンガ本「劇画・小牧長久手の戦い」がお薦めです。新行先生が監修していらっしゃるだけあって非常に正確です^^)

楽しんでくださった方に感謝です。


あと、最初脚本を書くにあたって、武将隊の水野勝成さんにご協力いただきました。
冒頭の三英傑のシーンや、忠勝と秀吉が直接対決するシーン、信雄の裏切りで家康公が秀吉の罠にはまり、部下たちが助けに来るシーンなどは勝成さんのアイデアによるもので、私は細かいセリフなどを考えただけです。
勝成さんのメジャーな感性や発想にはいつもインスピレーションをいただいています。ありがとうございました。

今日の一枚。
長久手古戦場近く、森長可戦死の地に立つ石碑。長久手に行く用事があったので、古戦場関連の史跡を回りつつお参りとご報告に行きました(^-^)
b0238507_17302718.jpg

[PR]
by mikabushi | 2014-02-10 13:26 | 武将隊
こんにちは。
最近やっとパズドラのコンボが2つくらい人為的におこせるようになった孔です\(-o-)/


b0238507_11172042.jpg


昨日、舞台の全体稽古を拝見しに行きました。
脚本をお渡ししたあとは演出の方とプロデューサーの方にお任せしてあるので私はただ見ていただけですが、自分の書いた脚本を役者さんが演じて演出家さんとプロデューサーさんが仕上げてくださるという、ヒット作を飛ばしたマンガ家さんでもあまり経験なさらないであろうことを自分が体験させてもらっているというのは本当に幸せでありがたいことだと改めて感じました。
プロの役者さんたち(武将隊の方、客演の方)による白熱の演技は本当にすばらしく、ダンスシーンもカッコよくて、おそらくあの小牧長久手がこんなふうに演じられるのは空前絶後だと思います!
残り少ないながらまだチケットもあるそうですので、ご興味のある方はぜひどうぞ。
[PR]
by mikabushi | 2014-02-02 11:26 | 武将隊

長久手古戦場跡にRoad2

b0238507_1552811.jpg

先日仕事で長久手古戦場跡に建つ長久手市郷土資料室に行ってきまして。
せっかくなのでその受付に2月8日の葵武将隊の舞台『Road2〜小牧長久手の戦い』のチラシを置かせてもらいました(^O^)

ちなみに私が脚本を担当させていただいております(#^.^#)

脚本はすでに書き上げてプロデューサーや演出の方にお任せしてあるので、どう料理してくださるか私自身も楽しみです。

このチラシ、あまり枚数はないのですが、尾張方面の方、同地に行かれた際には是非お手にとってご覧くださいませ。

チケットはまだ若干あるそうです。
詳しくは葵武将隊のホームページまで。


ちなみに

b0238507_1552949.jpg


b0238507_1552993.jpg

前行った時には何もなかった古戦場跡の前に何とイオンができるそうで、現在絶賛工事中。映画館もできるらしいです!
また、隣の駅前にはIKEAもできるそうです。

うーん、これで古戦場の史跡巡りがより楽しくなりますな〜(≧∇≦)


ちなみに・2

この日のお昼ご飯は名古屋駅近くの『猿カフェ』というところでした。
このカフェ、支店ごとにロゴについている猿のデザインが違うのですが、名古屋駅前のこのお店のロゴの猿は
b0238507_2125471.jpg

ひょうたんの馬印を持ってました!
そりゃ名古屋で猿といったらこの人しかないですよねー。

と、笑ってた数日後に気づいた。


長久手攻めを前にして羽柴筑前のお店で腹ごしらえしてしまった∑(゚Д゚)


まあ、美味しかったからいいけど(≧∇≦)
[PR]
by mikabushi | 2014-01-24 14:53 | 武将隊
ええと、前回のブログで散々言っていた「列伝4」執筆にも手をつけず書いている脚本というのがこれです↓
すでにHPでも告知されておりますが、岡崎市の「グレート家康公『葵』武将隊」の舞台です。

実は去年の葵武将隊の舞台「Road~この命徳川のために」でも脚本のほとんどを担当させていただいたので(ボランティアだった上に途中から急きょ関わったので印刷物には名前は出ておりません)、今回は二度目の脚本担当です。

前回をご覧になった方は御存じでしょうが、『Road』は単なる「歴史紹介劇」ではありません。
さらに、今回は前回よりさらに「見て楽しむ」要素が増えて各武将の人物像にも深く切り込んでいくので、どうか岡崎市民の方々だけでなく遠方の方々もぜひいらしてください(^O^)/

b0238507_20512326.jpg


b0238507_20513855.jpg



【あらすじ】
かつて織田信長の下でともに戦った徳川家康公と羽柴(のちの豊臣)秀吉。信長亡き後、その勢力を拡大してきた二人の英雄がついに正面対決する時が来た。天正十二(1584)年歴史に名高い「小牧長久手の戦い」である。
一方、それまで三河武士で占められていた徳川軍には遠州(静岡県西部)や甲斐から新たな人材が入ってくる。新参者の遠州人・井伊直政は三河武士の常識が通用しない自由な考えの若者。家康公の考えで、武将として何の手柄もない彼がいきなり旧武田の精鋭軍団「赤備え」の指揮官に抜擢されたことに納得がい かない歴戦の勇士榊原康政。
不満はやがて嫉妬と焦りに変わり、康政を破滅へと突き動かす…。











…がんばろ……_| ̄|○
[PR]
by mikabushi | 2013-11-22 20:56 | 武将隊

小牧信長まつり

少し前の話になりますが、先日(9月22日)「小牧信長まつり」でひさしぶりに小牧を訪れました。
信長マンガ「麒麟の城」のお仕事で小和田先生・原作の入谷先生との対談以来、3カ月ぶりの小牧です。

駅を出るとすぐに、以前お仕事で描いた「信長公・夢チャレンジ街道」の道標イラスト一覧表が!
b0238507_11492194.jpg


さらに、
b0238507_11551261.jpg

こんなパンフレットにもなって、お祭りに来た人がイラストを探しながら街中を回れるようになってました。


イラストは買い取りなので、活用されたからといってべつに自分に収益があるわけではないけれど、描いたものを大事に使っていただいているのを見ると作者的にはとても嬉しいものです
(つω`*)



お祭り会場でご飯を食べていたら、信長マンガを担当してくださっていた小牧市の「小牧山城築城450年プロジェクト」の方に偶然お会いしました。
信長マンガ「麒麟の城」、好評のようで
「今まで小牧市が出した本の中で一番売れていますよ~。」
とのことでした。ありがたいことです。
これも信長公の人気と、一生懸命売ってくださった小牧市の職員の皆さまのおかげです<(_ _)>
ありがとうございました。

以下、お祭り写真。「家康公検定」が終わってから急いできたので、前半のプログラムは見れませんでした。

b0238507_12105837.jpg

小牧山城のふもとに広がるお祭り広場。信長公の居館跡と言われています。

b0238507_12114654.jpg

のぶさま。も登場。

b0238507_12124930.jpg

葵武将隊のステージ。とてももりあがっていました。

b0238507_12133888.jpg

最後は各地から集まった武将・姫たちもいっしょになって勘忍おどり。
かつて小牧山に集った武将たちも、天国から眺めてびっくりしていることでしょう。
平和とはよいものです…。



========================================

【書籍情報】
●すずき孔 著『マンガで読む三河武士列伝』その1~その3好評発売中!
 ・詳しい内容と通販のお申し込みこちらから

 ☆委託販売先☆
   ・岡崎公園内『三河武士のやかた家康館』様(第一巻~第三巻)
   ・岡崎『正文館書店』(本店・シビコ店)様(第一巻~第三巻)
   ・岡崎市美術博物館内ミュージアムショップ『クロスピア』様(第一巻~第三巻)
   ・国宝犬山城売店『白帝観光』様(第一巻・第二巻)
   ・国宝松本城売店様(第二巻のみ)
   ・ひこね街の駅「戦國丸」様(第一巻~第三巻・徳川四天王ステッカー)

  『マンガで読む三河武士列伝』委託販売先、随時募集中です!
   →お問い合わせはこちら


●すずき孔 作画「まんが 織田信長公伝『麒麟の城』~おじさんの夢 小牧山城~」
 好評発売中!

 ・通販のお申し込み・お問い合わせはこちら(小牧山城450年プロジェクト推進室)
  (注:私のサイトでは受け付けておりません)

 ・本書で鼎談させていただいた小和田哲男先生公式サイトでもご紹介いただきました
  →こちら(ありがとうございます!)

 ・「グレート家康公葵武将隊」の服部半蔵殿にもツイッターでご紹介いただきました→こちら(ありがとうございます!)
 ・「あいち戦国姫隊」のお市さまにもご紹介いただきました→こちら(ありがとうございます!)
       
[PR]
by mikabushi | 2013-10-07 12:15 | 武将隊
こんにちは。
ここ数日、ブログをお休みしておりました。毎日見に来て下さっている方、すみません<(_ _)>



岡崎城の藤さんからのツイートです。

以前当ブログにてお知らせした「岡崎城限定・葵武将隊ハメパチストラップ(新武将バージョン)」が明日(10月5日)発売だそうです!

b0238507_9471310.jpg


なお、このストラップに使われているイラストはすべて私が描き下ろし、岡崎城さんに買い取っていただいたものなので、他のグッズには一切使用いたしません(岡崎城発行のプリントくらいには使われるかもしれないけど…)。

岡崎城に行かれる方、世界でただ一か所、ここでしかゲットできない武将隊ストラップ、ぜひガチャってみてくださいね~:.゚ヽ(´∀`。)ノ:.。+゚


ちなみに今回のガチャには「武将隊占い」はついてきません(そのかわりストラップ本体がかわいくなっているようです)。

「武将隊占い」を引いてみたい!という方は、同じ岡崎公園内にある「ひょうたんや」さんに行ってみてくださいませ(全32種類・武将によるメッセージ入り。本文・イラストとも私が書いております<(_ _)>)。
こちらの占いも新武将バージョンになっています。
お店の方の御好意で「本日の武将」を引いた方にはアイスが当たったりする特典もありまする!

(注:↓のツイート記事は以前のものです。)
b0238507_1024657.jpg


それでは。

========================================

【書籍情報】
●すずき孔 著『マンガで読む三河武士列伝』その1~その3好評発売中!
 ・詳しい内容と通販のお申し込みこちらから

 ☆委託販売先☆
   ・岡崎公園内『三河武士のやかた家康館』様(第一巻~第三巻)
   ・岡崎『正文館書店』(本店・シビコ店)様(第一巻~第三巻)
   ・岡崎市美術博物館内ミュージアムショップ『クロスピア』様(第一巻~第三巻)
   ・国宝犬山城売店『白帝観光』様(第一巻・第二巻)
   ・国宝松本城売店様(第二巻のみ)
   ・ひこね街の駅「戦國丸」様(第一巻~第三巻・徳川四天王ステッカー)

  『マンガで読む三河武士列伝』委託販売先、随時募集中です!
   →お問い合わせはこちら


●すずき孔 作画「まんが 織田信長公伝『麒麟の城』~おじさんの夢 小牧山城~」
 好評発売中!

 ・通販のお申し込み・お問い合わせはこちら(小牧山城450年プロジェクト推進室)
  (注:私のサイトでは受け付けておりません)

 ・本書で鼎談させていただいた小和田哲男先生公式サイトでもご紹介いただきました
  →こちら(ありがとうございます!)

 ・「グレート家康公葵武将隊」の服部半蔵殿にもツイッターでご紹介いただきました→こちら(ありがとうございます!)
 ・「あいち戦国姫隊」のお市さまにもご紹介いただきました→こちら(ありがとうございます!)
       
[PR]
by mikabushi | 2013-10-04 10:09 | 武将隊
先日土曜日に納品した「葵武将隊占い」、おかげさまでご好評いただき、初回納品分320枚が早くも売り切れ間近とのことです。ありがとうございます<(_ _)>
そして、再発売まで長らく待っていてくださった皆さん、本当に申し訳ありませんでした。

…………………………………………………………………………………………………………

ところで、私ことすずき孔は「グレート家康公『葵』武将隊」の公式イラストレーターということになっております(岡崎市観光課から依頼されてグッズ用のイラストを納品したりしております…ほぼボランティアだけど)。

実は去年、武将隊に関する大きなプロジェクトがありまして、私はそのために武将隊メンバーのイラストを新たに描きおろしておりました。

が、諸般の事情でそのプロジェクトがのびのびになってしまい、そうこうしているうちにメンバーの交代があり…ということで、第一期のメンバーのイラストは結局使われないままお蔵入りになってしまいました。

とはいえ、この当時「武将隊をメジャーにしたい!来年も存続させたい!俺の絵で少しでも状況を何とかしたい!」という思いに燃えていたので(今でもですが)、自分で言うのも何ですが、かなり力を入れて描いたイラストだったわけで。
このまま闇に葬るのはどうしても忍びず、この場を借りて披露させていただくことにしました。

まあ、そんな事情でイラストのお金も一銭ももらっていないですし、こんな場末のブログで発表してもたぶん誰からも文句は出ないと思いますが、もし都合が悪かったら消します。

願わくば現在停止中のその「大プロジェクト」が上手くいき、まだ披露できないイラストたちが日の目を見んことを。



初代酒井忠次
b0238507_145656.jpg


平岩親吉
b0238507_152156.jpg


渡辺守綱
b0238507_154123.jpg


初代本多忠勝
b0238507_155732.jpg


初代榊原康政
b0238507_161910.jpg




…現在、いろんなイベントや企画が巷に溢れていて、私も今まではそれを当然のこととして受け止めていたのですが、その下には没になった企画や、大人の事情で世に出られなかった物、そのために作られた作品たちが本当にたくさんあるのですね。

武将隊のグッズなどに関わって、今まで東京でマンガを描いていた時には絶対に分からなかったような世界のことをいろいろ学ばせていただいています。
[PR]
by mikabushi | 2013-09-11 01:25 | 武将隊
大変遅くなりましたが、「葵武将隊占い」新武将バージョン本日から岡崎公園内ひょうたんやさんで販売します。

今回は主に武将隊のマネージャーおあいさんとそのご家族の方が一所懸命に折ってくださいました<(_ _)>

ありがとうございます!

b0238507_1573385.jpg



(あと、4分の1ほどはうちの父が折りました。ありがとう父。)


占い箱に貼ってある絵もちょっと変わりました。

b0238507_221796.jpg


似てるとか似てないとか…まあおいといて下さい…(精進します_| ̄|○)


変更点としては、新武将の自筆メッセージ、新武将・稲姫(ショートカットバージョン)・半蔵(頭巾バージョン)のイラストが変わったりしています。岡崎公園に行かれる際にはぜひ占ってみてくださいませ。
[PR]
by mikabushi | 2013-09-07 02:03 | 武将隊
こんにちは。今日はちょっと涼しいですねー。

現在、締切を二つほど抱えて相変わらずバタバタしている孔です。

さて、「武将隊占い」は新武将バージョンも先日ようやく印刷に出しました…おそくなってごめんなさい_(._.)_
でもこの繁忙期、出来上がるのはもう少し先…かもしれない。

それまで待ちきれない!という方のために…

現在、岡崎市美術博物館のミュージアムショップ「クロスピア」さんにまだ20枚ほど武将隊占いの在庫があるようです(私も今朝知った…)。

美術館に用事のある方や、どうしてもいま占ってみたいという方はぜひそちらへよろしくお願いします_(._.)_



ちなみに同博物館では現在
ゆかりのまち提携30周年記念 佐久市立近代美術館名品展「きらめく日本画―大観・栖鳳から現代まで」
という展覧会が開かれており、横山大観や東山魁夷や平山郁夫などといった、私でも名前を知っている有名作家の作品が見放題でございまする(入館料1000円・8月4日まで)!

この夏、山の頂上にある眺望抜群な岡崎市美術博物館で
大自然に触れつつアートにも触れながら占いで未来に触れてみるという「お触り放題(笑)」な休日を過ごすのもいいかもしれません。

久しぶりに今日の一枚(数枚?)。

写真は、小牧駅にある、孔が描いた「三英傑によるウエルカム看板」です。
設置されたのは今年三月くらいですが、先日やっと小牧市に行って実物をみてきました。
小牧駅を出るといきなりどどんと現れます(笑)。ちょっと照れる。
b0238507_11432736.jpg


そして足元には…
b0238507_1146976.jpg

「信長公・夢チャレンジ街道」という、これまた孔が描かせていただいた巨大な道標が貼ってありまする(^▽^;)
実は今年は「小牧山城築城450年」ということで同市では様々なイベントが行われております。
戦国好きの方、是非行ってみてくださいませ。

この道標をたどっていくと…
b0238507_1149616.jpg


このように

b0238507_11493124.jpg


地面に信長公の半生が孔のイラストで描かれておりまして(写っているのは私の足です)

b0238507_11514615.jpg


それをたどっていくといつのまにか小牧山城に着いてしまうという仕掛けなのですね~。

小牧市に行かれた際にはぜひたどってみてくださいね。


もうひとつ。実はこの日は仕事で小牧に行ったのですが、すごい人とお会いして何だかすごい体験をしてしまいました。

それはまたの機会に…。
[PR]
by mikabushi | 2013-08-01 11:54 | 武将隊