<   2013年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

榊原ヤスマサ出陣!?

【お知らせ】
またお仕事が忙しくなってきそうなので、しばらくブログをお休みします<(_ _)>
ご了承くださいませ。



ところで。

三河の西尾市ではこんど市長選が行われるのですが…

再選を目指して出馬する現職の西尾市長の名前は榊原康正さんといいます。
かの徳川四天王の榊原康政と字は違えど同姓同名なんですね(ご子孫というわけではないようですが)。

b0238507_10344094.jpg


前回対立候補が無くストレート当選だったのですが、今回は三つ巴の市長選。
当然選挙活動などもあるです。

つまり…

選挙期間中の5月19日から25日の間に西尾に行けば、あれが聞けるわけですよ…

「榊原ヤスマサ!榊原ヤスマサがお願いに上がりました!皆様の榊原ヤスマサ!榊原ヤスマサをよろしくおねがいいたしまあす!」

というウグイス嬢の声が(笑)。


私の脳内では肖像画の甲冑姿の榊原康政が必勝はちまきに白手袋はめてにこやかにワゴン車から手を振っている図しか思い浮かばないんですけれども…(笑)

一方、対立候補はお若い方。
でもこちらは井伊という名前ではありません(^▽^;)
[PR]
by mikabushi | 2013-03-29 10:41 | 日記

ていせいなど

【訂正とおわび】
・サイト「三河武士にあいたい」の三河武士人物事典の大久保兄弟の項におきまして、人名の読みが間違っておりましたので訂正いたしました。

…ブログのスキン(PC)とプロフィール画像を変更してみました。
プロフィール画像は最近家にきたわんこです(´∇`)


最近免許を取って、やっとこのごろ岡崎などへ自分で運転していくようになりました\(^o^)/…でもまだ家族同伴でいろいろ注意されながらですが。
免許を取るために勉強してみて分かったことは、それまで知らなかった交通規則や標識の意味がいかに多かったか。
歩道と車道の間にある白線は今まで自転車用道路だと思ってたけど、実はあれは車道外側線というもので、今は自転車も歩道を走ってもいいところがほとんどだとか…。
あれは道路の幅が余ったから引いてあるだけなんだとか…。

他にもいろいろ免許を取らなければ一生知らなかったような常識がたくさんあって、車に乗らない人でも、一度免許のための交通規則の勉強をした方がいいんじゃないか…と正直思いました。

それに生活にすぐ役立つことなので、勉強してても結構楽しかったし。

そういえば授業中、事故に関する映画をたくさん見たんだけど、東映が製作した「脇見運転の危険」をテーマにした映画が刑事物仕立てで台本もしっかりしていてなかなかおもしろかったなあ。
監督の名前は覚えていないけど、主演が渡辺いっけいさんで、真相解明のため捜査官が謎を解いていくのについつい引き込まれて見入ってしまった。
さすが東映!


今日の一枚。
b0238507_1153026.jpg

家康館で開催されていた「エヴァンゲリオンと日本刀展」の展示品。写真撮影自由なのが素晴らしい。

b0238507_1154687.jpg

毎年冬は入館者数が激減するシーズンだったそうですが、この展示のおかげで入館行列数時間待ちの騒ぎになる盛況だったそうです(そうです、というのはちょうどこの時期仕事が忙しくて岡崎にほとんど行けず、実際に行列を目にする機会が無かったからです)。

b0238507_116460.jpg

ご覧の通り、巷にあふれる安易なコラボと違い、非常にうまくエヴァのデザインが日本刀に活かされていておもしろい展示でした。

来年は実物大ガンダムとか来ないかなー(笑)。
b0238507_384935.jpg

(注:↑この写真はお台場で撮影したものです)
[PR]
by mikabushi | 2013-03-28 01:29 | 日記

小島竜宮

【恒例の業務連絡】
・本日再び岡崎公園内のひょうたん屋さんに「武将隊占い」を追加納入してきました。
 春休みで桜の時期ということもあって、大変好調な売れ行きのようです。
 ありがとうございます。
 岡崎公園に行かれる方はぜひよろしくお願いいたします。

 ちなみにここだけの話
 
 追加納入分には、今季限りで辞める武将の分が多少(かなり?)多めに入っております
(^^;)



最近はお腹の調子の悪さと戦いながら(><。)次の仕事に少し間があるのを利用して、コミスタ(コミックスタジオの略。マンガの仕上げをパソコン上で行うためのソフト)を勉強し直しています。

今まで締切に追われてなんとなく使っていたのですが、改めてユーザーガイド見ながらやってみると知らない便利な機能がいっぱいで_| ̄|○…
よくこれで数年間仕事してたよなーと思う毎日です。

ついでにフォトショも勉強したい…きっと機能の20%も使ってないわ私。



今日の一枚は

先日しだれ桜を見に行ったついでに寄った小島竜宮(おじまりゅうぐう)
b0238507_0165994.jpg


小島という名前でピンときた人もいるかもしれませんが、松平清康が攻め落とした小島城(のちの時代になりますが伊奈忠次の生誕地でもあります)があった場所のすぐ近くにある神社です。

「竜宮」という名前のわりに地味な建物ですが(^▽^;)
べつにタイやヒラメの舞い踊りがあるわけではなくて…


実はこの場所には古くから伝わる伝説があるのです。

この神社のすぐ下には矢作古川(昔の矢作川)が流れているのですが、何と
この川底と安城市野寺の本證寺にある竜燈池がつながっていて、が両方を自由に行き来していたというのです。

伝説というより、SF冒険小説のような香りのする話ですね!

昔、本證寺のお祭りでお椀が足りなくなり、竜宮の竜神に頼んだところ、竜が必要な数のお椀を貸してくれたそうです。おかげで無事お祭りがおこなわれたのですが、ある年、一つだけお椀を返さなかったところ、竜は怒ってそれ以後出なくなったとか。


まあ、竜も人間もどっちもセコイなあと思わないでもないですが(´・ω・`)
ちなみにこのお椀は、現在も本證寺にあるらしいです。

ここから安城の野寺まではかなり距離があるので、当時の技術でトンネルが掘れるとは思えないのですが(それとも異界へつながっていたのか…)、伝説は事実を元にしたものが多いそうなので、ひょっとしたら昔、野寺(の真宗教団)とこのあたりの竜神を祀る一族との間でなにかいざこざがあった…のかもしれず、そのことを伝えているのかもしれませんね。

b0238507_0522195.jpg

ここが竜が出入りしていたという川。上から見てもかなり深いようです。
このあたりは道路からかなり深く入った、木がうっそうとしていて、昼でもちょっと怖い感じの本当に異形の物が出てきそうな感じの場所ではあります。


ちなみに三河地震の時できた断層がこの神社の地下に保存されているそうで(地下なので見学不可)、そちらの方が現在では貴重な遺跡になっています。
b0238507_0562785.jpg

[PR]
by mikabushi | 2013-03-27 00:57 | 日記
【いきなりですがぎょうむれんらく】
・昨日、岡崎公園観光売店さんに「武将隊あぶら取り紙」追加納入してきました。
 なお、売店の方によりますと、引退する武将の分は、3月31日までしか販売しないとのことです。
 該当する武将のグッズをお求めの方は(あぶら取り紙以外でも)お早めに買われた方がよろしいかと思います_(._.)_
※注・その後お店の方に伺ったところ、新メンバーのお披露目まで販売を延長することになったそうです。


先日、西浅井(にしあざい)にしだれ桜を見にいてきましたー

浅井といっても小谷ではなくて、三河の松平清康の弟康孝の所領があったところです。
最近このあたりは「しだれ桜の里」で売り出していて、この季節だけはジモティーでにぎわっています。

まずは宿縁寺の桜
b0238507_2113935.jpg

江戸時代に植樹されたもので、ソメイヨシノより早く咲く種類なんだとか。

そして!ここのお寺の門(薬医門)は岡崎城の北門を移築したものなんだそうです。
b0238507_217682.jpg


門の瓦にはしっかり葵紋が。
b0238507_2181542.jpg



もう一つは以前ご紹介したこともある源空院。
b0238507_2244074.jpg


…まあ、寺院建築的にはいろいろつっこみどころもあるお寺なんですがね…
b0238507_2265793.jpg

b0238507_2275756.jpg

煉瓦にライオンの石像。欧米か(笑)!
しかもライオンの口から水は出ず(故障?)、黄色いホースで水を流しているという…(^▽^;)

ここはこの地を支配していた松平康孝のお墓があるお寺です(↓の小さい方)。
b0238507_229327.jpg


特に歴史に名を残した人でもないのに(この人が亡くなったあと、その遺領を兄弟の信孝が勝手に取ったことがきっかけで広忠に討たれたことの方が有名)、こんな立派な石碑まであるのです↓
b0238507_2284138.jpg


こんな詳しい案内板まで!勉強になるじゃないか!
b0238507_2325641.jpg



…ちなみに

このあたり「しだれ桜の里」といっても、この二つのお寺にあるしだれ桜三本がほぼ全てです(^▽^;)
(最近になって植樹したような木はちらほら植わってるけど)


里…
[PR]
by mikabushi | 2013-03-26 02:36 | 武将隊

おひさしぶりです

先々週末から、お仕事修羅場のためしばらくブログをお休みさせていただいておりました_(._.)_
今回の仕事は戦国関連のものでしたので、またこちらのブログにて紹介させていただきます。

さいきんの発見:信長は意外に描きやすいことに最近気づいた…。ぬぬう、長年描きなれた家康公より表情がつけやすいとは。のぶさま、俺サマな二枚目だからか?


今日は仕事がひと段落したお祝いに一色の方まで行ってお刺身食べてきましたよ!
なぜ一色まで行くかというと、同じ西三河でも海沿いの方に行くと魚のおいしさが違うのです。
刺身も切り方が違う。
刺身ひとつの厚さが2~3センチはあって、切り身というよりサイコロとかブロックのようなぜいたくなお刺身なのです。

おいしゅうございました\(^o^)/

豊田の山の中から出てきた松平党がどんどん海の方へ進攻していったのは、おいしいおさかなや海の幸がほしかったせいもあるかもとかいろいろ考えてみる…



【ギヨーム=レンラック】
・松本城売店さんに「三河武士列伝其の二」を納品しました。松本城に行かれる方、よろしゅうおたのもうします。
・岡崎公園「ひょうたんや」さんに「武将隊占い」納品しました。現メンバーの登場する占いをお求めの方はぜひ。


※ギヨーム=レンラック…18世紀フランス王家に仕えた政治家。仕事において卓越した情報伝達能力を誇り、日本語の「業務連絡」は彼の名からとられたものといわれる。


↑うそです



今日の一枚
そろそろ桜も開花してきたので、去年の桜の写真など。

b0238507_136770.jpg

菅生川沿いの満性寺のしだれ桜。普通の桜の少し後に咲くので去年は4月中旬に咲いたのですが、今年はもっと早いでしょうね。

b0238507_140419.jpg

あまり有名ではありませんが、満性寺さんは家康公とも深いかかわりのある寺で、伝説もいくつか残されています。
あと、たくさんの貴重な文化財もあって、毎年八月初めの虫干しの日には、そのへんの博物館顔負けな質と量の所蔵品の展示が行われます。
それも信じられない近さで見られるので(酒井忠次の書状が、お座敷の普通のテーブルに広げられて上からビニールをかぶせただけの状態で展示されるという…)行くなら八月か四月がおすすめです。
一日何回か、住職のユーモアたっぷりな解説も聞けます。

b0238507_1463171.jpg

境内にある太子堂「開運殿」のなかの厨子。
「開運殿」の命名者は家康公といわれております。
このお堂の裏に生えている竹で旗指し物を作って戦に行ったところ、勝利したのでそう名付けたとか。
(似たような話は他の場所にもあるのですが^^)

b0238507_211980.jpg


もともとこの寺は松平家と縁が深く(※)、浄土真宗にもかかわらず、一向一揆でも家康側についたそうです。
家康公は菅生川をただ一騎で渡ってこのお寺にお茶を飲みにきたとか(びっくりしただろうなあ…)。
そんな家康公を当時の住職が護衛してお城まで送っていったので、江戸時代もこのお寺の住職は長刀をもって登城することを許されたそうです。

(※…松平親忠が岡崎に勢力を伸ばした時、寺宝の太子直筆とされる阿弥陀経を強く求め、やむなく12行だけ切り取って贈る。それにより境内と太子堂を建立。その後清康・広忠も相次いで寺社建立・参詣)


それともうひとつ、ここはもと真言宗の寺でしたが、戦により荒れ果てていたのを、親鸞聖人の弟子源海上人の直弟の了専(俗名安藤泰継)が寺を建立、満性寺としたのだそうです。
なお了専の舎弟安藤親重は菅生で鋳物工となり、岡崎鋳物師の元祖といわれています。

また、この寺には家康公ともう一人、足利尊氏にも縁がありまして、尊氏が上京のみぎり、この寺に聖徳太子像(弓矢の守護神とされていた)があるのを聞きつけ、川を渡って(また渡ってる…)参拝、伽藍を建立させたといわれています。
しかし伽藍はなくなり、いまは太子像と寺宝のみが残っております。
ちなみにここの太子像は美形で、太子像を集めた写真集の表紙にもなったそうです(これも虫干しの時にだけ見学可能)。
[PR]
by mikabushi | 2013-03-24 02:07 | 日記
3月17日開催のHARUコミックシティに参加する予定でしたが、急きょ参加を取りやめさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mikabushi | 2013-03-14 00:26 | 日記
寒いですねー(><。)

最近きがついたこと:
毛糸の帽子をかぶるときは少しおでこを見せるくらいに後ろにずらしてかぶる(いわゆる阿弥陀かぶり)。そうすると耳やうなじもすっぽり帽子に入ってとても温かい。
寒いからといってあまり目深にかぶると耳や首が出てかえって寒い。

え?知ってた??


最近スマホに暇つぶし用のアプリを入れてみたのですが(もちろん全部無料の)、なかなか好調です。
いやースマホっていろいろ使い方があるんですねーー(いまさら気づくか)!
入れたのは定番中の定番ですが、『おさわり探偵 なめこ栽培キット』『数独byニコリ』『青空文庫リーダー』の三つ。

「なめこ」は例のキャラクター商品を最近あちこちで見かけるのでやってみたんですが、単純ながら時間のない時でもささっとできる手軽さでなにげにハマっていますね…。

「数独」は以前フォロワーさんにお薦めされたので。これもやり方が分かってくると楽しい。

「青空文庫」はご存じの通り、著作権が切れたものをボランティアが文字データに起こして、それをDLして読めるもの。本を持ち歩くと重かったり、かばんの中でくしゃくしゃになったりしてしまいますが、これだと名作系を手軽に読めるのでいいですね。
ロシア文学から稗田阿礼から、教科書で名前だけ見たようなものがけっこうあるし。

何を読もうかなーと思って、とりあえず「簡単に読めて頭を使わなくてもいいもの」という理由で、今年生誕100年で盛り上がっている新美南吉を読みはじめたんですが、結構面白くて、つい寝る前に何本もDLして読んでしまいます(基本的に短編なので)。
作中に使われているネイティヴ三河弁がとてもファンタジーな言語に聞こえてきまする。

好きな作品は全部読んでから書くとして、一番衝撃だったのは「嘘」という話。「美形の男子転校生と僕」の話で「おおっ、半田を舞台についにギムナジウム文学が!?」と思ったのだが、この設定からは想像もつかない展開になるよ!


ではでは。
ちょっと忙しくなるのでブログはサボり気味になるかもです_(._.)_


今日の一枚。

b0238507_117315.jpg

去年、普段は入れない伊賀八幡宮の内部を見学させてもらった時のもの。

b0238507_12022100.jpg

上にはいろんな表情の唐獅子が。

b0238507_116195.jpg

狛犬の代わりに家康公の好きなタカの絵が左右に描いてあります。こちらは「阿(あ)」のタカさん。

b0238507_1153534.jpg

こちらは「吽(うん)」のタカさん。

b0238507_1212476.jpg

外側から拝殿脇を撮る。
[PR]
by mikabushi | 2013-03-12 01:23 | 日記

ぎょうむれんらく2

一昨日、岡崎城さんへ「武将隊占い」の第二版を納品してきました。

先日作った新しいバージョンの初納品となります!
岡崎城さんではガシャポンに缶バッジと一緒に入れて販売していただいておりますので、一回二百円となりますが、登城の際にはぜひお求めいただけるとうれしいです<(_ _)>


実は諸般の事情によりこの第二版は小部数しか印刷しておりません。
印刷や紙質も初版とはすこし違いますが、上記(リンク先参照)の理由により、小部数に対応した印刷所で刷ってもらわざるをえなかったためですので、あしからずご了承ください。
(公式発表があるまでは理由を書けなかったのです…)




●このブログは一般の歴史好きの方や愛知県外の方も見ていらっしゃるようなので告知●

【お知らせ】グレート家康公「葵」武将隊新メンバーの募集を行います

…正直、今の武将隊のレベルだと素人がいきなり入ってついていくのはかなり大変だとは思いますが、とにかくやる気のある方!来たれ岡崎城!

【動画・公式PV】
http://www.youtube.com/watch?v=ONud6_PzpT4

退かれる方、二年間お疲れさまでした。
継続される方、ありがとうございます。
[PR]
by mikabushi | 2013-03-10 02:38 | 武将隊

みどり

西三河にある印刷会社「エムアイシーグループ」が発行する季刊誌(無料)『地域と歴史の情報誌「みどり」』という情報誌がありまして、無料なのに結構濃い情報がのっているんですが、そこに三河武士のことを見開きで特集しているページがあります。
その名も「新西三河の歴史 人物探訪 山城と武将たち」というんですが、
今月号はな、何と酒井忠尚特集でした。

『情報誌みどり」公式サイト (最新号含む3年分のバックナンバーがPDFで読めます)
↑ブラウザはFFだと文字化けするので、IEで開くことを推奨します

酒井忠尚とはマニアックだなあーー!
しかもサブタイトルが「酒井氏の光と影 ― 時流に乗らず、自身を貫いた武将」ですって。
な、なんかかっこいいぞ忠尚!

しかも本文の中にこんな記事が。

『(忠尚は)忠次・正親と
ともに松平氏家中で「老三酒」(宿老
である三人の酒井家の者)と呼ばれ
たようで』


これは初めて知りました。なんか中国のお酒みたいですが…(^-^)


なお今月号には亀城公園(刈谷城址)の特集も載っております。

「みどり」は西三河の官公庁他公共施設、ショッピングセンターなどに設置してあるので見かけたら読んでみてくださいね。


今日の一枚は、記事にも出てきたけど酒井氏つながりのここ。


b0238507_0381359.jpg

酒井忠次の生誕地・井田城址。

b0238507_0383874.jpg

ここには↑のように城址の碑の隣に神社がありまして

b0238507_0233048.jpg

祭神は「晴明白龍大神」とありますが、要は三河武士の「魂」らしいです。
地元の人が最近作ったっぽい。


さっきパソコン周りに蚊がいた!春ですね!
[PR]
by mikabushi | 2013-03-09 00:26 | 日記

免許とりました!

今日(昨日?)、平針免許試験場(ここに行かないと愛知県民は免許を取れない)に行ってきて学科試験を受けまして。

とうとう免許をGETしましたーーー・゚・(^o^)・゚・


いやー長かった。

これで憧れの山城巡りができます(笑)!



今日の一枚:
内容には関係ないけど、法蔵寺の内陣。
滝山寺といい、この寺といい、開基して1000年以上も経っているといわれている、このような寺の寺伝を読みますと、本当に幾多の伝説がありまして、なんかもうこの寺だけで一つの世界のように思えるのです。

b0238507_0233943.jpg

[PR]
by mikabushi | 2013-03-08 00:29 | 日記