すずき孔と申します。三河武士の史跡を巡っては感想とかツッコミとか書いてます。HP「三河武士にあいたい!」http://www7b.biglobe.ne.jp/~mikawabushi/


by mikabushi

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【お仕事報告】

実はご縁があって、小牧市さんの「小牧山城築城450年記念事業」にてお仕事させていただいているのですが
このたびそのいくつかが完成・公式発表されましたのでご紹介します。

「信長 夢・チャレンジ街道」
小牧駅から小牧山までの歩道に、信長公の出生から小牧山城築城までのエピソードを
イラストと解説で表したシール標識
「信長 夢・チャレンジ街道」
のイラストを描かせていただきました。
「人が歩く道路に貼る絵」ということで、人物、特に信長公の顔を描くのはNG,
信秀パパの御位牌や熱田神宮を描くのもNGという、いろいろな制約がある中で、
信長公の半生をわかりやすく解説しようと、あれこれ悩んでイラストを考えました。

小牧市に行かれる予定のある方、
ぜひ孔が無い知恵を絞って描いた苦肉のイラストたちを見てやってくださいませ。
http://komakiyama450.com/news/25-04-10.html


「小牧駅前に三英傑の看板が登場!」
同じく小牧市の事業で、三英傑によるwelcome看板のイラストを描かせていただきました。
看板は小牧駅西口に設置されております。
あの有名な名古屋コーチンの銅像(小牧市は名古屋コーチン発祥の地でもあるのですねー)の
すぐ近くです(笑)。
こちらも機会がありましたらぜひご覧になってみてくださいませ。
孔さんの趣味により、無駄に美形(?のつもりで描いた)な三英傑になっております(笑)。
http://komakiyama450.com/news/25-04-11.html


今日の一枚。
b0238507_15393097.jpg

その小牧駅前の名古屋コーチンの銅像。
この日は小牧山城に登ろうと思ったんだけど、ご覧の通り横殴りの吹雪で断念。
いつかリベンジするぞーーー(><。)

ニワトリさん寒そうね……
[PR]
by mikabushi | 2013-04-19 15:44 | 日記

葵旅のおともに

おひさしぶりです。
ちょっと7月中旬くらいまでお仕事でかなり忙しくなる模様…。
なのでブログも「一日一みかぶし」じゃなくて「二週で一みかぶし」とか「一月一みかぶし」となると思います。
ご了承ください。
今年はせっかく愛知にいるのに家康行列も行けなかった…(><。)


今日の一枚。
b0238507_20501253.jpg

岡崎城の鬼門鎮護の寺・甲山寺(こうざんじ)。
岡崎城天守のすぐ南(戦死者慰霊碑の前)ある井戸からこの寺まで、かつては秘密の抜け穴があったという伝説があります(また抜け穴伝説か!と思われるかもしれませんが…)。
「本当にある!」と仰っている方もおられるのですが、私はまだ確認しておりません…
ていうか確認しようもない。

この寺はもともとここではなく安城にあった寺で。
かの最澄によって808年に創建され(と言っても西三河にはそういうのがごろごろあるのでもうあまり驚かなくなったわ…)、1530年に清康が城を安城から岡崎に移す時に岡崎城の鬼門の守りとして持ってきたそうです。
この本堂(護摩堂)は広忠が建立、家康公が再建。
現在の建物は5代将軍綱吉が再建したものだそうです。

このように徳川家とかなり縁の深い寺なのですが、宗派が天台宗なせいか、葵紋はまったく見当たりませぬ。

こんな数々の歴史の重みがあるせいか、、ちいさなお堂ではありますが、本堂の中に入って格子の奥を覗くと、密教系特有のかっこいい仏像たちがほのかに見えて、何やら神秘的なかんじがした…ような気がする(一年前の記憶なのであいまい…^^;)。

…実はこの寺を訪ねた理由は、一年前、岡崎市の観光パンフを作る仕事をしていた時に「葵を探せ!」という企画がありまして、二月の寒い中、私は調査員としてひたすら葵の御紋を探して町中をひたすらあるきまわった(この日は同僚の車に乗せてもらったけど)という、悲しくも楽しいお仕事のためでした…。

だから葵が無かったということだけは覚えてるんですねー(´;ω;`)<絶対ここにはあると思ったのにー!)




この護摩堂の裏にはさらに階段がありまして、

登っていくと広々とした空き地と甲山八幡宮があります。
b0238507_2174673.jpg



なお、この時の私の苦労の末できたパンフはこちらになります↓
「岡崎葵旅」http://www.umemurajunichi.jp/media/1/20120420-20120415-01guide.pdf
(岡崎市の市議会議員さんの公式HPに掲載されているものです)

あんまり数を刷っていないので、いまではこの地図、入手困難だったりするのですが、酷寒の岡崎を来る日も来る日も歩きまわって何度も取材して作ったものなので、市内中心部の情報には(店がつぶれたりしてなければ)自信がありまする!
岡崎に来られる方、よかったら散策のお供にしてやってくださいませー。
[PR]
by mikabushi | 2013-04-10 21:26 | 日記
【業務連絡】
「マンガで読む三河武士列伝」を岡崎公園内の家康館の方に追加納品しました。
同書は受付の方で販売しております。お越しの際にはぜひよろしくお願いいたします。

・岡崎公園内観光売店にて委託販売しております「武将隊あぶら取り紙」につきまして、旧メンバー(酒井・本多・榊原・平岩)の商品は当初3月いっぱいの販売予定でしたが、4月いっぱい~5月上旬まで販売することになったそうです。
こちらも岡崎公園にお越しの際にはぜひよろしくお願いします。

今日の一枚。
b0238507_22471771.jpg

去年の家康行列の日に取った画像。
明後日は家康行列ですねー。
[PR]
by mikabushi | 2013-04-05 22:48 | 武将隊

出立式

b0238507_018757.jpg

こんにちは。
最近はグッズ情報以外ではあまり武将隊の話題はしないようにしておりましたが今日はちょっとだけ
(公式な役目にもついていない人間がべらべらしゃべるのも武将隊側に迷惑だろうと思いましたので…)。

仕事やらプライベートやらでバタバタしっぱなしのここ数日でしたが、3月31日は岡崎に葵武将隊の出立式を見に行ってきました。


今回脱退される4名の皆さん、お疲れさまでした。
この二年間、武将隊ができてから、岡崎公園は本当に変わりました。生き生きとした場所になりました。
そして、いままで歴史書の中の存在、地元民にもほとんど知られていない存在だった三河武士たちをこんなにも皆に愛される存在にしてくださって本当にありがとうございます。
おそらく皆さまにとっては大変だったでしょうけれども、長年三河武士ファンを続けてきた私にとっては夢のようなことばかりの二年間でした。
皆さまの将来にとっても、この二年間のご経験がよい糧になることを祈っています。

私自身、葵武将隊に関わる(ここに書ける仕事、書けない仕事いろいろありましたが…)ことで、東京でマンガを描いていただけでは決して経験できなかったことをいろいろ学ばせていただきました。


そしてプロデューサーの西川先生、お疲れさまでした。
私がささやかながら武将隊と関わるきっかけも、家康館に三河武士マンガを委託販売させていただいていた私に西川先生がメールをくださったことからでした。
(徳川家臣について知ってるやつがたまたま近くにいるらしい、ということで…)
先生のお人柄や問題に対する姿勢には本当に学ぶことが多かったです。

先生は昨日のご挨拶で「作ったのは勘忍踊りくらいで…」と御謙遜しておられましたが、名古屋からエンターティメントの専門家をいろいろ紹介して下さったり、演武の曲の歌詞も、演武最初の「口上」も、他にもたくさんのものが先生の情熱とアイデアによるものだったと伺っております。
岡パブ(武将隊や岡崎公園を管理する団体)の方も以前おっしゃっていましたが、先生の熱心なプロデュースがなければ、葵はもっと普通の、どこにでもいるようなおもてなし団体になっていたことでしょう。



皆さまのこれからの人生やお仕事が順調でありますように。

b0238507_033257.jpg

b0238507_0392215.jpg


そして継続される皆さま、新しく入られる皆さま、今後ともどうかよろしくお願いいたしますね
<(_ _)>
[PR]
by mikabushi | 2013-04-01 00:48 | 武将隊