すずき孔と申します。三河武士の史跡を巡っては感想とかツッコミとか書いてます。HP「三河武士にあいたい!」http://www7b.biglobe.ne.jp/~mikawabushi/


by mikabushi

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ええと、前回のブログで散々言っていた「列伝4」執筆にも手をつけず書いている脚本というのがこれです↓
すでにHPでも告知されておりますが、岡崎市の「グレート家康公『葵』武将隊」の舞台です。

実は去年の葵武将隊の舞台「Road~この命徳川のために」でも脚本のほとんどを担当させていただいたので(ボランティアだった上に途中から急きょ関わったので印刷物には名前は出ておりません)、今回は二度目の脚本担当です。

前回をご覧になった方は御存じでしょうが、『Road』は単なる「歴史紹介劇」ではありません。
さらに、今回は前回よりさらに「見て楽しむ」要素が増えて各武将の人物像にも深く切り込んでいくので、どうか岡崎市民の方々だけでなく遠方の方々もぜひいらしてください(^O^)/

b0238507_20512326.jpg


b0238507_20513855.jpg



【あらすじ】
かつて織田信長の下でともに戦った徳川家康公と羽柴(のちの豊臣)秀吉。信長亡き後、その勢力を拡大してきた二人の英雄がついに正面対決する時が来た。天正十二(1584)年歴史に名高い「小牧長久手の戦い」である。
一方、それまで三河武士で占められていた徳川軍には遠州(静岡県西部)や甲斐から新たな人材が入ってくる。新参者の遠州人・井伊直政は三河武士の常識が通用しない自由な考えの若者。家康公の考えで、武将として何の手柄もない彼がいきなり旧武田の精鋭軍団「赤備え」の指揮官に抜擢されたことに納得がい かない歴戦の勇士榊原康政。
不満はやがて嫉妬と焦りに変わり、康政を破滅へと突き動かす…。











…がんばろ……_| ̄|○
[PR]
by mikabushi | 2013-11-22 20:56 | 武将隊
ブログをお休みしており申し訳ありません。

実は

先日終わったと思った脚本の仕事が、全面的に書き直しになり、現在一から案を練り直しております。

というわけで

「列伝4」はいまだに手をつけられないでおります…_| ̄|○



そんなわけで

このブログもまたしばらくお休みさせていただきます。

どうかご了承ください_(._.)_



本日の一枚。


b0238507_17263180.jpg

現在、拙著「マンガで読む三河武士列伝」その①~その③を委託販売していただいている、彦根の「夢京橋あかり館」様
そこの二階の戦国ショップ「MITSUNARI11」で売っていた戦国無双の家康公と榊原康政キーホルダーです(表からは分からないけど、裏にちゃんと武将名が書いてあるのです)。

「康政って戦国無双に出てたっけ!?」

と一瞬驚きましたが、最近はゲームに出てこない武将もこうしてキャラクターにしてくださっているのですね。
ということで、そんなコー○ーさまの術中にハマり、徳川スキーは思わず買ってしまうのでありました!

だって康政グッズですよ!?

あの、いぶし銀とか地味とか言われ続け、ゆかりの地である豊田や館林でもシカトされまくっている、あの康政のググググッズですよ!?

いやあ世の中変わったものですね!

しかしなかなか性格悪そうでこれはよい康政( *´▽`* )
赤備えがもらえなくて万千代をぐりぐりいじめてそう。


このキーホルダーを売っているのはこちら↓のお店です。


戦国ショップ「mitsunari11」公式サイト
http://mitsunari11.com/
[PR]
by mikabushi | 2013-11-09 17:43 | 日記
お久しぶりです。さっき半月にわたる脚本のお仕事が終わりました。
…久しぶりにこれだけ悩みました…真っ白ですわ…

さて。


ええと、毎年恒例の人には恒例の発表ですが、このたび例の「まつり」に当選しました。
(ああ、意味が分からない人は一生わからないでいいです…ていうかタイトルがもう)

火曜日 西地区 "る" ブロック 10b
サークル名:「箇三寺御殿(こさんじごてん)」
です。


さて、「列伝4」間に合うかな~。

今の所、列伝4ラインナップは

・小松姫(本多子亥)
・水野勝成
・シークレット(という名の未定) ←
・シークレット(という名の未定) ← ←

です_| ̄|○

なにかグッズも出せたらよいなーと思ってます。
[PR]
by mikabushi | 2013-11-01 21:45 | 日記